MENU MENU

日税M&A総合サービス

M&Aは中小企業においても
広く活用されています

かつては「M&A」というと、大企業が行う大規模なもののイメージが強く、中小企業には無縁なものと思われていました。
しかし、現在では中小企業においてもM&Aが広く活用されるようになっています。
M&Aは「企業合併・買収」を意味する言葉です。
大企業におけるM&Aは、事業の拡大や新規事業への取り組みの一環として、もしくは経営の効率化のためなどに使われることが多いですが、近年、中小企業においては、事業承継の一環として利用されるケースが増えています。
後継者の不在により、優良ながらも廃業となってしまう企業が少なくないためです。
企業が長い年月をかけて培ってきた技術やノウハウが後継者不在により途絶えてしまうことは、日本社会にとって大事な財産を失ってしまうことと同義といえます。
そこで、M&Aを事業承継の手法として活用することで後継者問題を解決する企業が増えているのです。

M&Aで企業売却をしたら、すぐに会社を手放さなければならない、と考えているオーナーがいるかもしれませんが、必ずしもそうとは限りません。
企業売却後も引継ぎのためにオーナーが数年会社に残るケースはよく見られることですし、買い手企業の子会社となった場合はそのまま子会社社長として残る場合もあります。
もちろん、すぐに引退したいという希望があれば、そのような相談を買い手とします。
M&Aに決まった形はありません。
「こうしなければならない」ということは、ひとつもないのです。

M&Aにおける税理士の役割

M&Aは、活用が進んでいるとはいえ中小企業のオーナーにとっては馴染みのないもの。
税理士先生の中にも、M&Aを経験したことがないという方が多くいらっしゃることと思います。
関与先にM&Aを勧めたいけれど、
「どうやってM&Aを進めればいいのか分からない」
「買い手や売り手はどう探せばいい?」
「デューデリジェンスを受ける準備はどのようにすべきなのか」
など、不安なことが多く、提案を躊躇してしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、信頼のおける税理士からの提案であればこそ、オーナーは背中を押されるものです。
会社を手放したほうが良いと分かっていても、M&Aに対する知識や情報がなく、漠然とした不安を抱えて、なかなかM&Aに踏み切ることのできないオーナーは大勢います。
そんなときに、税理士がM&Aを提案し、不安を取り除いてあげることができれば。
廃業となってしまう企業を、ひとつでも減らすことができるかもしれません。

当社でM&Aを全面的にバックアップします!

M&Aを検討する際は、ぜひ当社へご相談ください。
税理士業界と長くお付き合いさせていただいている当社だからこそできるサポートがあります。
関与先の不安をひとつひとつ解消しながら、一緒にM&Aに取り組んでいきましょう。

もちろん、事業拡大のためにM&Aを望む中小企業も以前より増えてきました。
そういった関与先へ向けて、買収先を探している税理士先生からのご相談もお待ちしております。
ぜひお気軽にお問合せください。

M&Aの流れ

※一般的な流れを示しています。案件によって進め方や実施事項が異なる場合もありますので、必ずしもこの通りに進むわけではありません。

当社の役割

ファイナンシャル・アドバイザー(FA)として、M&Aをサポートいたします。
FAは、M&Aにおける様々なアドバイスを行う者のことを指し、企業価値の算定やM&A対象企業の概要書の作成、買い手や売り手の選定、各交渉におけるアドバイスやデューデリジェンスのサポートなど、幅広いサポートを行います。
M&Aがクライアントにとって最良のものとなるように様々な場面でサポートをいたしますので、不安なことや困ったことがあればどのようなことでもご相談ください。
もちろん、税理士先生と長いお付き合いをさせていただいている日税グループの会社として、先生からのご相談内容については秘密を厳守の上対応いたしますので、ご安心下さい。

日税M&A総合サービスの特徴

  • 1

    規模に関わらず
    ご相談を承ります!

  • 2

    他のコンサルティング手法を
    組み合わせた
    提案が可能です!

  • 3

    税理士と関与先の関係を
    大切にします!

料金

当社では、M&Aに係る報酬額をレーマン方式によって算出しています。

譲渡案件の場合

株式等譲渡価格 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超~10億円以下の部分 4%
10億円超~50億円以下の部分 3%
50億円超~100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

買収案件の場合

時価総資産価格 手数料率
5億円以下の部分 5%
5億円超~10億円以下の部分 4%
10億円超~50億円以下の部分 3%
50億円超~100億円以下の部分 2%
100億円超の部分 1%

報酬額の一例

  • ① 13億円での譲渡の場合

    • 5億円 × 5% = 2500万円
    • 5億円 × 4% = 2000万円
    • 3億円 × 3% = 900万円

    →報酬額=5400万円

  • ② 1億円での譲渡の場合

    • 1億円 × 5% = 500万円

    →報酬額=500万円

最低報酬額・着手金について

M&Aは個別性が高いコンサルティングとなるため、当社では予め最低報酬額・着手金等を設定することは致しておりません。
ご相談をいただき、お話をさせていただいてから個別のお見積りになります。
お見積りのお問合せだけでも受け付けておりますので、どうぞお気軽にお問合せください。

注意事項

  • 当サービスは、提携企業と協力してご提供しております。
  • 地域等、案件の内容によっては、提携企業がファイナンシャル・アドバイザー(FA)もしくは仲介を担当する場合がございます。
    その場合は必ず事前にご相談いたしますので、ご安心ください。

M&A譲渡・買収 最新案件情報

  • 依頼主(税理士及び関与先)から掲載の希望があった案件のみを掲載しております。
    情報の取扱について、詳しくはサイトポリシーの「2.案件情報の取扱について」をご確認ください。
  • 掲載案件にご興味がありましたら、問い合わせフォームよりお問合せください。
    その際、「情報 No.」を記載いただけると、スムーズにご相談を承ることができますので、ご協力お願い致します。