MENU MENU

COLUMN

2021.10.11ASEANマーケティング

最新!インドネシアのInstagram広告トレンド事例

  • アジア情報
  • インドネシア

こんにちは! クリスク・インドネシアのタニアです。

インドネシアでは、InstagramがFacebookやWhatsappに次いで3番目に広く使用されているSNSです。

NapoleonCatのデータによると、2021年1月のインドネシアのInstagramユーザーは8,320万人、総人口の29.8%に達しました。

また、年齢層は18~24歳の利用者が一番多く(36.4%)、25~34歳(31.6%)と続きます。男女比としては、若干女性が多い状況です(52.6%)。


参考)https://napoleoncat.com/stats/instagram-users-in-indonesia/2021/01/

インドネシアでこれだけ多くの利用者がいるInstagram。
多数の広告が配信されており、企業やブランドの広告をストーリーやフィードで見ない日はありません。

では、インドネシア人をターゲットにした広告にはどのようなクリエティブが使われているのでしょうか?

今回の記事では、Instagramの広告事例をいくつか紹介したいと思います。


広告事例① Kopi Kenangan(コーヒーチェーン)



近年、インドネシアではライフスタイルとしてコーヒーを飲む傾向があり、さまざまなコーヒーブランドやコーヒーショップが設立されています。

そんな中、2017年に設立されたKopi Kenanganは、成功しているコーヒーブランドの1つです。

Kopi Kenanganは、ユニークなメニューの組み合わせとネーミングで有名です。

例えば、Kopi Kenangan Mantan(元恋人の思い出コーヒー)と呼ばれるパームシュガーミルクコーヒーです。これは、インドネシア人、特に若者の間でポピュラーなメニューとして受け入れられています。


Kopi KenanganのInstagram広告



インドネシアでは「ある状況でいろいろなタイプの人を紹介する動画」が現在流行っています。これにならい、Kopi Kenanganもバースデイパーティーの様々なタイプの人を紹介するクリエイティブを作成しました。

動画中にコーヒーやパンなどKopi Kenanganの商品が登場します。



商品だけでなく、実際に飲んだり食べたりする人を見ることができるので、楽しい要素が加わります。


広告事例② Rollover Reaction(化粧品)



ブランドが販売している商品は数が多いため、ニーズや好みに合ったおすすめがあれば消費者も商品選択がしやすくなります。そこで、インフルエンサーを活用したおすすめ形式でのプロモーションを行うブランドは少なくありません。

しかし、インドネシアのローカルメイクアップブランドであるRollover Reactionは、ブランドのスタッフがおすすめを提示するという、少し違ったアプローチを行っています。


ブランドのアートディレクターからのおすすめ



インフルエンサーからのおすすめ


このGetReady with Me動画リーズでは、Rollover Reactionは、さまざまな肌のタイプと色、メイクの習慣、好みを持つ女性たちを示しています。インフルエンサーやメイクアップアーティストだけでなく、ブランド自体のアートディレクターも商品のおすすめを与えます。

これは、顧客が自分に適した商品を見つけるのに役立ちます。さらに、ブランドのアートディレクターはより詳しいプロダクトノレッジを持っているため、顧客の信頼を高めることができます。


広告事例③ Tokopedia(ECサイト)



レビュータイプのプロモーションは、商品の写真や動画を表示するよりも、使い方や商品の実際の仕組みなどを示すため、より効果的と考えられます。

インドネシア最大のECサイトTokopediaは、この方法を使って、サイトで販売する商品を宣伝しています。



この動画では、スマホ・ホルダーとしても使用できるティッシュボックスのレビューを表示しています。インドネシアの若い女性のトレンドである、韓国ドラマと関連付けているところが面白いですね!

オンラインショップ名、割引などのプロモーション、Tokopediaへの招待に加えて、レビューには「ティッシュをすぐ取れるし、悲しい韓国ドラマを見る時に本当にぴったりね!」と書かれています。このようなレビュー投稿が、現在インドネシアのSNSで人気があります。


広告事例④ Spilla Jewelry(ジュエリー)



ブランドが自社製品を直接プロモーションしない場合があります。カスタムメイドのジュエリーのであるSpillaJewelryもそんなブランドのひとつです。

顧客が結婚指輪を選ぶためには、基本的な情報を知る必要があります。 そのため、ブランドは素材やその素材を選ぶ理由について知識を共有する投稿を行いました。




<投稿イメージ>

①「シルバーの指輪を買いたいと考えているが、まだ迷っていますか?」などの質問をスートリーで投稿

②指輪の素材や長所と短所などについて簡単に説明

③商品の写真付きでもう一度「どうですか? シルバーの指輪に興味がありますか?」と質問


このような投稿で、興味がある人は詳細を見てくれるでしょう。このタイプのプロモーションは教育的であるため、視聴エンゲージメントを高める可能性があります。

まとめ



各企業はInstagramで自社製品をプロモーションする時に様々なアプローチを使います。簡単に写真を使ってInstagramストーリーに投稿するか、リール動画を作ってもっと楽しいアプローチを使うこともあります。

しかし、今回紹介した事例のようにインドネシアの現在のトレンドを取り入れることで、顧客の注目を集められるかもしれません。

今回ご紹介した事例は、Instagram広告のほんの一部です。インドネシア市場に参入するための広告アプローチはまだたくさんあります。SNSを通じてインドネシアでプロモーションをしたいと考えている方は、お気軽にクリスク・インドネシアにご連絡してください!

(執筆:Tania Paramita/編集:きたざわあいこ)



この記事を書いたのは・・・
写真クリスクマレーシアスタッフ NURUL Asyikin/ ヌルル

※本記事は、株式会社クリスクより掲載許可をいただき、同ホームページにて公開されている記事を転載したものです。コラムに関するご質問は受付しておりません。予めご了承ください。



▼今回の元記事
最新!インドネシアのInstagram広告トレンド事例
クリスクのサイトにジャンプします

免責事項について
当社は、当サイト上の文書およびその内容に関し、細心の注意を払ってはおりますが、いかなる保証をするものではありません。万一当サイト上の文書の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いかねます。
当サイト上の文書および内容は、予告なく変更・削除する場合がございます。また、当サイトの運営を中断または中止する場合がございます。予めご了承ください。
利用者の閲覧環境(OS、ブラウザ等)により、当サイトの表示レイアウト等が影響を受けることがあります。
当サイトは、当サイトの外部のリンク先ウェブサイトの内容及び安全性を保証するものではありません。万が一、リンク先のウェブサイトの訪問によりトラブルが発生した場合でも、当サイトではその責任を負いません。
当サイトのご利用により利用者が損害を受けた場合、当社に帰責事由がない限り当社はいかなる責任も負いません。


海外子会社や海外進出、国際税務に関するご相談はありませんか?
・関与先の海外子会社の財務状況が分からない
・関与先が東南アジアへの進出を考えている
・現地の情報収集がしたい
・宣伝やWEBマーケティングのアドバイスがほしい

このようなお悩みがあればぜひお問合せください!
サービス別問合せフォーム
 ※「FP資格・その他」を選択してお問合せください。

株式会社クリスク

クリスクは、WEBメディア事業、ソーシャルメディア事業を展開しています。
2010年からは、東南アジアでも事業展開を行っています。
現在は、タイのみならず、ベトナム、マレーシア、インドネシア、台湾など、東南アジアを中心とした様々な国において、WEBマーケティングをはじめ、漫画の現地語翻訳や各国の市場調査など、幅広く事業を展開しています。

▼東南アジアサービスページ
https://www.clisk.com/service/overseas-venture/

<PR>
東京オフィス : https://www.clisk.com/company/
タイオフィス : http://www.clisk.co.th/
クリスクベトナム FBページ : https://www.facebook.com/CliskVietnam/
クリスクマレーシア FBページ : https://www.facebook.com/CliskMalaysia/
クリスクインドネシア FBページ : https://www.facebook.com/CliskIndonesia/
東南アジアマーケティング情報発信中 : https://twitter.com/CliskASEAN