MENU MENU

COLUMN

2021.05.24ASEANマーケティング

【2021年版】ベトナムで人気のインフルエンサーと人気のポイント

  • アジア情報
  • ベトナム

こんにちは!クリスク・ベトナムのリエンです。

ベトナム国内の企業の多くが広告キャンペーンにおいて、インフルエンサーマーケティングに多額の予算を掛けるようになっています。

そこで今回は、クリスクとタイアップしたこともあるベトナムで人気のあるインフルエンサーを、筆者が実際に仕事をした際の感想を交えつつご紹介します。


①ファッション・ライフスタイルインフルエンサー LAN HUONG(ラン・フオン)




視聴回数が最も多い動画

・Facebookフォロワー数:144万人
https://www.facebook.com/lelylanhuong/

・YouTubeフォロワー数:120万人
https://www.youtube.com/c/LanHuongChannel

・Instagramのフォロワー数 :14万人
https://www.instagram.com/lelylanhuong1911/


実績(PRした商品、プロジェクト、ブランドなど)



・訪日向け:茨城県観光(いばキラTV)

・ECサイト:Tiki(ベトナム最大のECサイト)、Shopee、Lazada

・製品:YAMAHA、SamSung、iQiyi(中国の動画配信サービス)

・化粧品・美容系:LOREAL、NIVEA、POND’S、Acnesなど


YouTubeチャンネル登録者数120万人以上を誇る、Lan Huong(ラン・フオン)さん。
歌がうまくて、かわいい顔をしているインフルエンサーです。この数年、彼女は自分で作成した若者向けのWebドラマへも出演ししています。

「芸能人並みにキレイ」と外見に対して多くの褒め言葉を受けているラン・フオンさんですが、他の美人インフルエンサーよりも、ナチュラルで等身大の投稿が多く、その点が非常に支持を受けています。

FacebookやInstagramでは美容コンテンツも発信しているため、化粧品などの広告塔になっていることもあります。

YouTubeでは美容やファッションだけでなく、旅行とライフスタイル系の投稿も人気です。ShopeeやLazadaといった有名なECサイトやサービスサイトから、スマートフォン、バイクなど、様々な商品を紹介しています。


②グルメ系インフルエンサー NINH TITO(ニン・ティト)




視聴回数が最も多い動画

・Facebookフォロワー数:26万人
https://www.facebook.com/ninheating

・YouTubeフォロワー数:79万人
https://www.youtube.com/NinhTito

・Instagramのフォロワー数 :21万人
https://www.instagram.com/ninheating/


実績(PRした商品、プロジェクト、ブランドなど)



・訪日向け:茨城県観光(いばキラTV)、福島旅行

・ファション:Uniqlo、Google Arts and Culture

・食品:Nestlé、Nunest

・フードデリバリーサービス:BAEMIN、VinID

他はホテルのSheraton Hanoi Hotelとスキンケア製品のCliniqueなど

ニンさんはYouTubeチャンネルで、ベトナムの人気観光地の特産品やグルメ動画を配信する、ベトナムの代表的なグルメ系インフルエンサーの一人です。
明るい性格とユーモアのある話し方が幅広い世代に好感を与え、共感を得ています。

特に彼は必要以上に絶賛せず、ゆっくりと食べていくところが逆に信頼性とリアリティを感じさせます。
紹介される食べ物は高級なものだけではなく、誰でも楽しめる日常的な料理も多く、非常に親しみを感じさせることが特徴です。

彼の動画はしっかりと宣伝という目的も果たしながら、彼らしい面白さとユーモアも見ることができます。

ベトナム向けに、日本のグルメや旅行情報の発信を希望する日系企業がニンさんを起用するケースが多く、大手企業の広告案件も実績としてあります。

実は筆者、ニンさんと仕事でご一緒させて頂いた経験があります。

海外のインフルエンサーの中には、見たことがない食べ物を嫌がる人もいますが、ニンさんは食べたことのない物にも好奇心をもって挑戦してくれたのでとても助かりました。

食事を紹介する企画でのインフルエンサー選びは、このようなポイントもチェックしておきたいですね!


③旅行・文化系インフルエンサー FAHOKA




視聴回数が最も多い動画

・Facebookフォロワー数:7万人
https://www.facebook.com/fahokaxedich/

・YouTubeフォロワー数:42万人
https://www.youtube.com/FAHOKAXedich

・Instagramのフォロワー数 :8千人
https://www.instagram.com/lovetriper


実績(PRした商品、プロジェクト、ブランドなど)



・訪日向け:茨城県観光(いばキラTV)

・旅行系:AirAsia、Klook(オプションツアー予約サイト)

・製品:Honda、SamSung

他のは化粧品大手のL’Orealと越境ECサイトのShopeeなど。

Fahokaさん(本名はホアン・カイ)は、以前当社のコラム記事で紹介した際は(2019年7月)のYouTubeチャンネルのフォロワー数が21万4千人でした。



それから約2年、今では登録者は42万人と約2倍になっています!

カイさんは国内外問わず多くの国の文化や観光情報、ユニークな体験、旅行のヒントなどを発信。

動画1本の長さは20分前後のものが多いものの、編集がうまく、あまり長さを感じさせません。視聴者は見ているうちに自分も行って体験してみたくなるはずです。

カイさんとも筆者はお仕事をさせて頂きましたが、彼の海外旅行経験の豊富さは本当にすごかったです!

日本も含む国内外の旅行企業の広告案件や、商品を、違和感のないスムーズな流れで紹介してくれるでしょう。


まとめ



ベトナムのインフルエンサーマーケティング市場は急成長しており、今後も拡大していくでしょう。

次回の記事では、人気インフルエンサーと企業がコラボを行なう時に注意すべき点についてもお伝えしたいと思います。

クリスクでは、KOLを活用したプロモーションのお手伝いもしています。ぜひ、インバウンドや海外展開でのプロモーションはクリスクにご相談ください。

(執筆:ヴ ティ フオン リエン/編集:きたざわあいこ)



この記事を書いたのは・・・
写真クリスクマレーシアスタッフ NURUL Asyikin/ ヌルル

※本記事は、株式会社クリスクより掲載許可をいただき、同ホームページにて公開されている記事を転載したものです。コラムに関するご質問は受付しておりません。予めご了承ください。



▼今回の元記事
【2021年版】ベトナムで人気のインフルエンサーと人気のポイント
クリスクのサイトにジャンプします

免責事項について
当社は、当サイト上の文書およびその内容に関し、細心の注意を払ってはおりますが、いかなる保証をするものではありません。万一当サイト上の文書の内容に誤りがあった場合でも、当社は一切責任を負いかねます。
当サイト上の文書および内容は、予告なく変更・削除する場合がございます。また、当サイトの運営を中断または中止する場合がございます。予めご了承ください。
利用者の閲覧環境(OS、ブラウザ等)により、当サイトの表示レイアウト等が影響を受けることがあります。
当サイトは、当サイトの外部のリンク先ウェブサイトの内容及び安全性を保証するものではありません。万が一、リンク先のウェブサイトの訪問によりトラブルが発生した場合でも、当サイトではその責任を負いません。
当サイトのご利用により利用者が損害を受けた場合、当社に帰責事由がない限り当社はいかなる責任も負いません。


海外子会社や海外進出、国際税務に関するご相談はありませんか?
・関与先の海外子会社の財務状況が分からない
・関与先が東南アジアへの進出を考えている
・現地の情報収集がしたい
・宣伝やWEBマーケティングのアドバイスがほしい

このようなお悩みがあればぜひお問合せください!
サービス別問合せフォーム
 ※「FP資格・その他」を選択してお問合せください。

株式会社クリスク

クリスクは、WEBメディア事業、ソーシャルメディア事業を展開しています。
2010年からは、東南アジアでも事業展開を行っています。
現在は、タイのみならず、ベトナム、マレーシア、インドネシア、台湾など、東南アジアを中心とした様々な国において、WEBマーケティングをはじめ、漫画の現地語翻訳や各国の市場調査など、幅広く事業を展開しています。

▼東南アジアサービスページ
https://www.clisk.com/service/overseas-venture/

<PR>
東京オフィス : https://www.clisk.com/company/
タイオフィス : http://www.clisk.co.th/
クリスクベトナム FBページ : https://www.facebook.com/CliskVietnam/
クリスクマレーシア FBページ : https://www.facebook.com/CliskMalaysia/
クリスクインドネシア FBページ : https://www.facebook.com/CliskIndonesia/
東南アジアマーケティング情報発信中 : https://twitter.com/CliskASEAN