MENU MENU

第12回書籍プレゼント ダブルチャンス!キャンペーン第12回書籍プレゼント ダブルチャンス!キャンペーン

企画概要

応募期間 2022年11月14日(月) ~ 11月30日(水)
応募資格 『日税経営情報センター』メールマガジンにご登録されている方
応募期間中に新規登録いただいた方も対象となります!
※メールマガジンのご登録は、本キャンペーンへの応募をもって完了となります。
プレゼント内容

【その1】
先着500名様でご希望の方に、来年の確定申告でご活用いただける「税務便覧」をプレゼントいたします。

【その2】
以下の書籍4種類をご用意いたしました。
ご希望の書籍を第3希望までご選択ください!
なお、応募が多数となった場合は抽選とさせていただきます。

  • ①一般社員を1年で後継者に成長させる人材育成術
  • ②知らないと損、分かれば安心 相続税の申告80のギモン
  • ③突然の争続を防ぐ! 子が知っておくべき相続対策
  • ④増補改訂版 少数株主のための非上場株式を高価売却する方法

※【その1】と【その2】はどちらもお申込みいただけます
※【その1】の「税務便覧」のご希望の有無は、【その2】の当選率には影響しません

各書籍の内容については、こちら>>
お問合せ先 日税経営情報センター メルマガ事務局
Mail:mail-nk@nichizei.com
※お問合せの際は、件名に「第12回書籍プレゼントキャンペーンについて」とご記載をお願いいたします。

応募方法

「ご応募の際の注意事項」をご確認の上、[応募する]をクリックし、応募フォームに下記の応募必要事項をご入力ください。

■応募必要事項(のついた項目は必須項目です)
  • お名前
  • 税理士登録番号
  • 所属税理士会
  • 所属支部
  • 郵便番号
  • ご住所
  • ビル名・建物名:
  • 事務所・会社名:
  • メールアドレス:(メールマガジンにご登録されているものをご記載ください)
  • 電話番号
  • ご希望のプレゼント番号

ご応募の際の注意事項

  • 同一のメールアドレスや同一の住所による複数のご応募は、単一のご応募として取扱いさせていただきます。
    (ご希望のプレゼントが異なる場合は、一番新しいご応募内容を反映させていただきます)
  • 応募多数により抽選となった場合、当選された方にのみ当選メールをお送りさせていただきます。落選の方へのご連絡はいたしませんのでご了承下さい。
  • ご当選後のプレゼントの変更は対応いたしかねます。ご応募時に選択を間違えてしまったという場合は、応募期間内に事務局までご連絡ください。
  • 当選通知前にメールマガジンを配信停止された場合、ご応募は無効となります。
  • プレゼントは、ご入力いただいた住所宛にお送りさせていただきます。

プレゼント書籍

今回プレゼントさせていただく書籍をご紹介いたします。

【その1】

『2022|令和4年分 確定申告のための税務便覧』

監修:宮森 俊樹
京都税理士協同組合 出版委員会編

今年度の確定申告の情報がこれ1冊にコンパクトに!
税理士事務所様でも関与先様でもご活用いただけます!

税務便覧は利便性を重視し、図表を用いたコンパクトながらも見開きで確定申告に必要な情報が一目で分かるように作られています。

所得税の計算に必要なことが網羅的にまとめられていて、条文番号と計算式等も記載しております。
また、特例や税額控除についても図や表で分かりやすくまとめております。
別紙にて贈与税・消費税・住民税・事業税の概要も確認することができます。

毎年、全国の税理士先生、税理士事務所様・金融機関等の企業様にご利用いただいております。

【その2】

①『一般社員を1年で後継者に成長させる人材育成術』

著者:阿部 忠

発売日:2022年8月1日

100年続く会社にするための後継者育成方法とは――
中小企業の後継者不在問題は心理学を取り入れた人材育成で解決できる!

高度経済成長期に創業し、これまで日本経済を支えてきた中小企業の多くが後継者不在問題に直面しています。
体力・気力の限界まで事業を続けたものの後継者不在により、やむなく事業承継を断念して会社の歴史に幕を閉じる選択をする高齢経営者が増えているのです。
著者はこれまで約30年間、500人を超える中小企業経営者に人材育成のコンサルティングをしてきました。
本書では、著者が約30年間提唱してきた短期間で後継者を育てるための方法を解説します。

②『知らないと損、分かれば安心 相続税の申告80のギモン』

著者:税理士法人チェスター

発売日:2021年3月23日

相続税についてトップクラスの実績を有する税理士法人の経験とノウハウをもとに、
相続税の申告手続きに関して知っておきたい項目を分かりやすく解説します。

かつては資産家や富裕層にしか関係ないものというイメージがあった相続税。
しかし、2015年(平成27年)に基礎控除額が4割引き下げられ、相続税の申告を行うケースが大幅に増加しました。
相続税はもはや多くの人にとって身近な税金になっていますが、
相続についてはほとんどの人が経験したことがなく、何をどうすればいいのか、戸惑うことが多い現状です。
そこで本書では、これだけは押さえておきたい相続と相続税の基本から、納税・節税対策のポイント、
そして実際の申告手続きで重要な相続税に詳しい税理士の見分け方と選び方までQ&A形式で解説します。

③『突然の争続を防ぐ! 子が知っておくべき相続対策』

著者:竹内 恵子

発売日:2021年8月27日

2015年の税制改正によって相続税の課税水準が引き下げられ、
サラリーマン家庭でも、相続税のかかるケースが増えてきました。

「相続財産」には預貯金だけでなく不動産なども含まれますので、都市部に家やマンションを持っていたりすれば、すぐに相続税の課税対象になってしまう可能性があります。

本書では、税理士として600件以上の相続税申告を担当してきた著者が、
相続手続きの基本やサラリーマン家庭で生じやすい相続トラブル、知ればトクする相続税対策など、
相続発生前に押さえておきたい情報を分かりやすく解説します。

④『増補改訂版 少数株主のための非上場株式を高価売却する方法』

著者:喜多 洲山

発売日:2022年1月18日

塩漬け株に10倍の価値がつく!?
非上場株式を現金化するまでの仕組みからメリット、注意点まで実例を挙げながら詳しく解説。

非上場株式にはマーケットがないため、所有していてもなかなか売却することができません。
日本の株式会社のうち99.8%が非上場企業であり、非上場株式を所有している人が大勢いるにもかかわらず、
買い手が見つからない、見つかっても買いたたかれてしまうのが実情です。
本書では、株式取引をしたことがない人でも理解できるよう、
非上場株式を現金化する仕組みやメリット、また具体的な売却方法もパターンごとに
例を挙げながら詳しく解説します。

※書籍の内容に関するお問合せは受け付けておりません。